神戸市東灘区 責任を果たさない加害者が被害者を泣かしてる! キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

自動車事故において、損害保険加入の加害者が責任を果たさないから被害者が泣いてる!

 自動車事故の100:0の対物賠償はあくまで加害者の責任です。
加害者が損保に丸投げすることは罪ですよ!
損害保険会社はあくま(悪魔の字が有ってる)であなた(加害者)との契約関係です
保険金請求はあなたの仕事(責任)です

事故対物100:0の事故において加害者(当事者)が当事者としての責任を履行しないため損害保険会社がその権利を行使し加害者に変わって被害者側と交渉することで加害者の思いとは違った方向で被害者を苦しめてます。
損害保険契約は加害者が被害者にその損害を金銭で賠償するのが法律上の責務です。
加害者がそのせきにんをのがれることはできません、本来はそもそも被害者と加害者が半試合によって被害者の証明した賠償額を被害者に支払い、示談を交わし解決するのが筋道であり事分けであります。
そして加害者がたまたま損害保険医は言っていたなら、その保険は被害者の為に支払った賠償金を損害保険会社に請求するというのが筋であり法律上も契約約款上もそのようになってます。
しかしながら、そこそこ高額な賠償金をすぐさま支払うのは加害者にとっても負担となるため(事故の過失責任上当たり前なのですが)損害保険会社は示談をしなくても被害者の証明した金額(対物の場合修理費が主となります)が支払損害保険金となります。
そして修理費は事故直前の状態に復元する費用(予測)出支払うというのが約款上のルールです。
ところが損害保険会社はその交渉を直接加害者者(当事者同士)で話し合うわけでもなく当事者でない修理工場に行って修理箇所と内容の確認おついでに、その修理代(これは現実にかかる修理依頼者と修理工場の修理契約)についでに言及しその修理代を値切ります。
それは本来の損害賠償額(加害者が支払った金額もしくは支払うべき金額)を減額してるという事になりますが。
この行為が協定行為と損保は言いますが、本来の当事者(加害者と被害者)を蚊帳の外に置き自分たちの都合の良いよう(支払保険金を抑えるため)に修理工場側と交渉し、被害者の心情や損害について人としての審議や良識を踏みにじってます。
これは損保側だけでなく修理工場側にもせ菌がありますが、まずは加害者がその責任を真っとしてるかを損害保険会社に逐次連絡し報告を受ける義務があります。
そうしないと被害者は泣かされ続けますがそのようなことを加害者として許しておいてはなりません。
加害者になったら責任を全うしてください、損害保険会社は被害者側はすべて詐称していると考えて対応してます。
そもそもそんな人はほとんどおりません。

損害賠償金は本来のルール(法律に則った)通りに進めることで泣かされる被害者が減ります。
加害者はもっと席にを果たしてください。
保険会社に任せたて、ほったらかしにしないでください!
加害者が目覚めることで被害者は救われます。

加害者になったときの損保とのかかわり方とても大切です。






記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

事故復元修理の他のページ