神戸市東灘区 過失割合のある事故で最も過失割合よりも大切なこととは キズ・ヘコミ・事故修理専門 こころ車店

サブページメイン画像

過失割合のある事故で最も過失割合よりも大切なこととは

 車対車の事故の場合過失の割合によって賠償額が大きく変わります
過失割合は裁判などの事例から状況でほぼ決まってます
車両保険に加入してない場合自費負担額が気になりますね。
このような場合修理依頼工場の差が自己負担金の額を決めます

不幸にして交差点などで車対車の交通事故にあわれ、加害者になったり被害者になったりしたとき、
(過失割合により立場が違いますがどちらも加害者であり被害者であるとも言えます)
まずやってはいけないことは損害保険会社の紹介で損害保険会社指定修理工場に修理依頼することです。
なぜそれがいけないのかは、詳しくは説明するのは長くなりますので省きますが、
事故の賠償金と修理契約の修理代は違うという事。
保険会社は支払保険金はできるだけ低く抑えたいという自社利益しか考えてないという事。
以上この2点が非常に大切な概念となります。
それはそれで一理あり良い事ではありますが、社会通念上の損害額と乖離があるため、
事故車修理工場は修理契約上の修理金額が低く抑えられてます。


損保の紹介で損保指定工場に修理依頼すると、
損害保険会社指定工場は損害保険会社の保険金支払い基準の領域を守りあなたの真の損害補修理費として見積もれないからにほか在りません。
損害保険会社基準では修理費が安く見積もられますのでお互いの賠償額が低くなります。
さらにその基準の10%前後の減額まで刺されてます、これはあなたの賠償金を減額されたのと同じこととなりま。

このような過失案件で車両保険に加入してない場合は過失相殺されて支払われますので自己負担金額が増えます。
修理工場との修理契約は賠償金とは違いますので保険修理であろうが事故修理であろうが修理契約上の修理金額は一定です。
この事故での修理費(予測で払われる保険金の基)とお客様(修理依頼者)との修理契約の修理代は当然修理内容も修理金額も違います。
以上のことを確り理解している修理工場に依頼することがあなたの自己負担修理金額を少なくします。

したがって修理工場(修理受付会社)の選択は非常に重要であるといえます。
どこに出せばよいかはご相談ください全国どこでもでも対応できます。
(一部協力工場のない地域もあります)

記載修理工場での
無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
都道府県名、市町村名記載の上フォームよりお問い合わせください

お電話でのお問合せは
090-9629-8361
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

事故復元修理の他のページ